「漫画村」元運営者

漫画を違法にアップロードして 不特定多数の人が閲覧できるようにした「漫画村」 元運営者が拘束されたらしいです。 「漫画村」「漫画タウン」 海賊版マンガサイトを利用している人は そろそろやめるべきでしょう 違法にアップロードされているマンガ。 電子書籍化された漫画。 海賊版サイトで読むと、パソコンウィルス感染。 スマホでも電池消耗が激しくなったり。 まぁ危険というやつです。 違法にアップロードされている漫画をダウンロードする行為も違法であり犯罪。 「ばれないでしょ?」   ↑ バレます。 ネットの世界は恐ろしい。 匿名だと思って、めちゃくちゃな発言している人を たまに見かけますが、IPアドレス特定されるし個人情報まで晒すことになる。 調べれば匿名だろうが、わかるという話し。 脱線しましたが 漫画村や漫画タウンなど。 今は名前を変えて、別の類似サイトが出現しているようですが 利用しないことを推奨します。 あと、違法に動画をアップロードしている「違法動画」 これも同じ類の危ないやつです。 違法動画をアップロードすると捕まります。 違法動画と知っていて視聴したら・・・・ まずいです。

続きを読む

極主夫道 漫画 感想

「極主夫道」は絵が個性的で、主人公の強面な外見や極道ぽい雰囲気が、細かく描かれているところにまず惹かれます。 ザ・極道といった感じなのに、主夫として家事を完璧にこなすところのギャップに萌えます。 奥様はキャリアウーマン風で可愛く、これまた好感が持てます。サバサバしたあっけらかんとした感じの奥様との間に繰り広げられるハプニングにも、ときにほっこりできて、ときに笑わせてもらえます。 家事をやる描写の中で、事細かに家事テクニックが惜しげもなく披露されているので、自分が料理や掃除などの家事をやるときの参考にもなります。 奥様の仕事疲れを癒すために、あれこれ過剰なまでにアイディアを駆使してマッサージやらアロマやらを提供するシーンがあるのですが、うっとおしいの一言に尽きる感じで、だいぶ笑わせてもらいました。 小麦粉は白い粉なので、ブツと言うところとか、いちいちそういった極道言葉とでもいうような言い回しをしてくるところが面白いです。かなりアットホームなところもあるので、ほのぼのとしながら安心して読める極道漫画と言えます。 それでいて主人公の眼光の鋭さなどは際立っています。この独特の感じが好きです。これからもっと人気が出そうな漫画だと思っています。  ■◇■ブログランキング■◇■

続きを読む

漫画「コロッケ! BLACK LABEL」感想

『月刊コロコロコミック』にて、2001年~2006年まで連載されていたあの大人気SFバトル冒険漫画『コロッケ!』が、ファンの声援により今度は『コロコロアニキ』で『コロッケ! BLACK LABEL』としてコロッケが大人になって再登場しました。 これまで『コロッケ!』に登場してきたあのウスターやリゾット達も今までとは違う姿で再登場してます。 『コロッケ!』のその後の世界。とある伝説の少年バンカーによって、バンカーと禁貨を消すようにとバン王に願いました。 しかし、数100年後、謎の手によりバンカーと禁貨が復活し、世界は極悪非道なバンカー達により暗黒に包まれてしまいました。 街で父子が極悪なバンカーに迫られている中、父子の前に突如現れた青年、それはバンカーと禁貨を消すようにとバン王に願ったあの伝説の少年バンカーでした。 その名は『コロッケ』。極悪バンカーを倒し、父子に言い放ったコロッケの願いは…「俺の父、バーグを殺すこと」。 予想外な展開に読者も騒然。少年の頃とは正反対の願い事、一体どうしてなのでしょうか。 今後のコロッケの活躍に期待です。 ■▢漫画「コロッケ! BLACK LABEL」を無料で読める電子書籍サイト■▢   ↓  ↓ U-NEXTFODmusic.jp ■◇■ブログランキング■◇■

続きを読む

かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 漫画無料

「かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦」マンガ読んだ感想と 漫画を無料で読むことが出来る電子書籍サイトを紹介しています。 ■▢漫画を無料で読める電子書籍サイト■▢   ↓  ↓ U-NEXTFODmusic.jp 「かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦」マンガ読んだ感想 「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」は非常に格式の高い高校での生徒会を舞台にした恋愛頭脳戦をテーマにしています。 生徒会の会長の男子生徒と副会長の女子生徒はともに両想いの状況であるのですが、どちらも告白をせずお互いにいかに自分に対して告白させるか?を画策し頭脳を使っていろいろな策をしかけていきます。 読んでいる側としては、非常にはがゆい感じがしてきて、明らかにお互いの態度がともに相手に対して好意を持っていることがバレバレであり、告白はしていないけど付き合っているってことで良いんじゃないの?と思えてきてしまいます。 それくらいに2人の仲は良いのです。 しかし、お互いに恋愛に対して不器用というか、慣れていない面があるので、結局のところは恋人並みに仲が良いにもかかわらず進展が見られません。 でも、その不器用なところが自分と重なると感じてしまうため、現実の世界の自分と同一視してしまう、自分もこんな感じだったなと思いだしたりして、なんとなく懐かしい思いに浸れる作品です。 ■◇■ブログランキング■◇■ …

続きを読む

漫画「黒執事」を読んだ感想

漫画「黒執事」はヴィクトリア時代のイギリスを舞台とした、ダークファンタジー作品です。 主人公のシエル・ファントムハイヴは若干12歳で伯爵の位を継ぎ、悪魔である執事セバスチャンと共に「女王の番犬」として裏社会の秩序を守っています。 この漫画は絵柄が非常に美しく、また中世ヨーロッパの文化や風習・事件等が細かく描写されており、作者がその時代について本当に細かく情報収集を行っていることが伝わります。 特に印象に残っているストーリーは、タイタニック号の事件をオマージュした「豪華客船編」です。 この章では今後の展開に大きく関連する事件が起こり、またシエルのフィアンセであるエリザベスの過去についてもフォーカスされており、驚かされた読者も多かったのではないでしょうか。 また黒執事は巧妙に伏線が張られていることでも有名で、物語が進む度に何度読み返しても新たな発見をすることができます。 現在は過去にシエルに起こった事件や様々な謎が明らかになりつつあり、まさにクライマックスという状況です。 新しく読み始めるにはもちろん、読み直すにもぴったりの時期と言えるでしょう。

続きを読む